めがねライオンの部屋

最近一児の父になった28歳の日々、英語、仕事、映画、などなど

Bluetoothイヤフォン / ヘッドフォンを買ったらリスニングの勉強時間が倍増した話

f:id:tomoooo3:20160803021332j:plain

 

英語の勉強を続ける上で『常に英語を浴び続ける』というのは言うまでもなく非常に大切な事だと思います。

 

語学留学などはやはり1日に8時間〜12時間ほど英語を浴び続けるわけであり、理論的には日本にいても同じ環境が創り出せれば非常に効果が高い学習ができるのではと思います。

 

ただ、なかなか英語を聴く時間を確保できないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

留学と同じまではさすがにいきませんが、少しでもリスニングの時間を増やしたい方にはBluetoothヘッドフォン / イヤフォンを1日も早く導入するべきだと身を持って体感しているのでご紹介したいと思います。

 

  • 有線のイヤフォンがとリスニングが続かない理由
  • オススメはネックバンド型 Bluetoothヘッドフォン / イヤフォンの利点
  • まとめ

 

 

有線のイヤフォンだとリスニングが続かない理由

 

Bluetoothじゃなくても普通の有線のイヤフォンで常に聴いていればいいんじゃないの? という方もいると思います。

 

ただ以下の理由で有線の場合 聴くことができない時があると思います。

 

リスニングを妨げる理由

 

聴きたい時にイヤフォンが見つからない(バッグからだすのが面倒くさい)

1日の時間は限られています。例えば通勤中に聴く場合、片道1時間 / 1日 で 2時間は確実にリスニングを行う時間があるということになります。

しかし、イヤフォンをバッグの中にしまっていて満員電車ですぐにだせない場合やそもそももってくるのをその日忘れてしまった場合、英語を聴けたはずの1〜2時間程度はすぐになくなってしまいます。

 

装着が面倒くさい

バッグから取り出す事ができても結ばれているコードを解き、スマホを取り出しジャックに差し込む。 たったこれだけの行為ですが個人的にはけっこう煩わしいです。

10分〜15分程度のちょっとした隙間時間を全てわざわざこの動作を行ってまでストイックにリスニングができる方は本当に尊敬します。。

 

荷物があるとコードがひっかかって煩わしい

例えば両手いっぱいに荷物を抱えている時、有線のイヤフォンをするでしょうか? スマホとイヤフォンを有線でつないでいると、耳からポケットだったり、バッグだったり、までの動線にコードがあります。そうすると荷物を持ち上げたり、背負ったリュックを下ろして座る時、上着を脱ぐ時などコードがひっかかった経験は誰しもあると思います。

 

こういった煩わしさが、使えるはずの細かい時間をかなり奪っています。

Bluetoothのワイヤレスタイプにするとこれらの問題が解決できます!

 

 

オススメはネックバンド型

 

f:id:tomoooo3:20160803025254p:plain

画像出典:http://japanese.engadget.com/2016/02/22/h-ear-bluetooth-2-ldac/

 

私の場合はSONY『h.ear in Wireless』を使用しています。

価格は約2万円といいお値段がしますがその価値は十分あると思っています。

 

メリット

 

簡単に接続

横のスイッチを数秒長押しするとスイッチがONとなり、初回以降は自動でペアリングしてくれるため使いたいと思ってから5秒程度で使うことができます

横のスイッチで音量の調節、一時停止などももちろんできるためコンビニでレジの前だけ一時停止して終わったらすぐに再開、といった動作がスマホをだすことなく行うことができます。

 

持ち運びも容易

基本は使わない時も常に首にかけたまま行動することができるので、聴きたい時にもっていない・もってくるのを忘れた、ということはほぼ発生しません

首にしっかりかかっていて余分なコードがないため、バッグやポケットにしまうことなく使う時も使わない時もノンストレスで行動ができます。

 

音質も十分

Bluetoothイヤフォン/ ヘッドフォンはそれなりにしっかりしたものを買うのをオススメします。

ある程度の値段以上のものなら現在のBluetoothイヤフォンは有線の5000円程度のそれらには音質で余裕で勝てますので、通常の音楽なども十分楽しむことができます

 

バッテリーも十分

こちらもバッテリー駆動時間は私の使っている上記商品は7.5時間となっておりますので平日は充電いりません。週1回か2回程度充電すれば十分です。

また、充電が切れても有線のコードも付属でついているので有線でも聴くことができます。

 

改善点としてはそんなに思いつきませんが、

・耳に差し込む部分の形

・ランニングには向かない

くらいの感じでしょうか?

ランニングに使用するならもう少しホールド感の強いタイプの方がいいかもしれません。

 

 

まとめ

 

また、ヘッドフォンとイヤフォンタイプですと音質とバッテリー駆動時間でヘッドフォンタイプに分がありますが、夏場の使用も考えるとお金もかかりますのでイヤフォンタイプがおすすめです。

 

なかなか通勤中にリスニングができていなかった私がワイヤレスイヤフォン導入により、ほぼ毎日の通勤2時間分は英語を聴くことができています。

 

少しでも英語を聴く時間を確保したい方は導入を検討してみてください!