読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めがねライオンの部屋

最近一児の父になった28歳の日々、英語、仕事、映画、などなど

第214回TOEIC公開テストに向けて 〜28歳からのTOEIC900点への道12〜

さて次回のTOEIC受験ですが、10/23(日) 第214回TOEIC公開テストを予定しています。

 

残りの期間しっかり準備をして、ここは800点を本気で取りに行きたいという感じです。

 

ちなみに余談ですが、8月下旬に会社のIPテストを受験する予定だったのですが、

仕事がどうしても終わらずに受けることができませんでした。。

 

そんなこんなですが、やることを整理していきたいと思います。

 

・前回TOEICのアビメ振り返り

・次回に向けてのTO DO整理

・まとめ

 

 

前回TOEICのアビメ振り返り

 

前回はTOTAL SCOREが740点で過去最高点を更新しました。

 

公式認定証が届いたので、アビメの内容をまずは振り返りたいと思います。

 

⬛︎リスニング SCORE:350

f:id:tomoooo3:20160918205709j:plain

 

今回の目標は「短い会話の正答率を上げること」だったのですが、

56% と 73%ということで平均を下回り、全然ダメでした。

part1はほぼ正解できたと思うので、おそらくpart2でつまずいたのでしょう。

 

逆に長めの会話が 81% と 68% で平均を上回りました。

イギリス英語を少し聴き慣らしたので、完全に捨てる問題がなくなりました。

しかしこれは長文読解などが得意なこともあり、テクニックと推測能力に頼ってしまっているのかもしれません。

 

基礎的なリスニング能力の強化が必要であると感じています。

 

⬛︎リーディング SCORE:390

f:id:tomoooo3:20160918205723j:plain

 

リーディングはリスニングより高い390点でした。

内容を見ても特に弱点のないバランスの取れたスコアになっている気がします。

複数の文書間で〜という部分は最後の数題解いていないので、その影響でしょう。

 

課題としては以下の点だと考えます。

これらをクリアできれば、安定して400〜450程度のスコアをとることができるのでは?

と思っています。

 

・文法と語彙の取りこぼしをなくし、90%を越えること

・part5-6を15〜17分程度でとき終えること 

・part7を最後までとき終えること

 

 

次回に向けてのTO DO整理

 

以下のスケジュールで取り組みます。

 

f:id:tomoooo3:20160918212605p:plain

 

基本は前回やったことの継続をしたいと思っています。

ただしリスニングに関しては、基礎の基礎から鍛える必要があるため音読と瞬間英作文を毎日やることにしました。

 

7月時点ではノータッチだった金フレに関しては、8月中かけて終わらせることができました。2〜3周はしたかな。よってボキャビルは金フレとDUOが終わっているので、あとはひたすらサイクル回してトレーニングという感じです。

終盤の部分がまだ弱いです。

金フレ、DUO、この2つの教材の選択はけっこー良かったなと感じているので、効果が楽しみです。

 

リーディングに関しては、メガドリルがようやく終わるので、サイクルを回して正確性とスピードを身に付けたいと思います。

 

また、公式問題集は2回分を終えており、次までにもう2回分をこなしたいと思います。part5をやろうかと思っていましたが、新形式対策が必要なので新形式対応版を手に入れました。

さらに時間内で終えるためのスピード強化にあたり、復習とともに毎日part7を全文読みしています。

 

まとめ

 

リスニング対策

 

音読パッケージ 中級 

瞬間英作文 

TOEIC公式問題集 計4回分をこなす (part4復習 + 新形式対応問題集)

 

リーディング対策

 

金フレ & DUO 復習

TOEIC公式問題集 計4回分をこなす (part4復習 + 新形式対応問題集)

 →+ 毎日part7 全文読みトレーニング

メガドリル TOEIC® TEST リーディング Part 5&6

 

 

リスニングの強化が不十分かなーと思っていますが、

以上の内容をしっかりこなして、試験に臨みたいと思います!

 

 

 

mgn-lion.hatenablog.com

 

 

 

 

第212回TOEIC公開テスト結果速報 〜28歳からのTOEIC900点への道11〜

英語

さて、先日受けたTOEICのインターネット結果が届きました。

 

 

  • テスト結果速報!
  • リーディングを伸ばすことができた勉強内容
  • まとめ

 

 

 

テスト結果速報!

 

結果としては 今まで 715 → 740 へUPということで最高点を更新することができました。

 

f:id:tomoooo3:20160818223110p:plain

 

しかしながらリスニングは今まで通りのスコアですので進化の兆しがないですね〜汗

逆に伸び代であるとも言えますが。

なぜだかリーディングが過去 最高点獲得です。

一般的にリーディングよりリスニングのスコアの方が高い傾向があるのですが、私は逆なんですよね。笑

 

詳しくはアビメが届いてから確認したいと思いますが、初めて新形式を受けた点数への悪影響もなく、順調に力は伸びているなと感じています。

 

今月末に会社でまたTOEICを受けるので、その時に再度最高点更新できるようにチャレンジしたいと思います!

目標としては700後半〜800点です。(今年の到達目標は830点)

勤務後に受講するので疲労で途中で力尽きないかが心配ですが。。

 

 

リーディングを伸ばすことができた勉強内容

 

今回の進化点はリーディングで、350点程度で伸び悩んでいた中40点ほど伸ばすことができました。せっかくですので取り組んだ勉強法を紹介したいと思います。

 

DUO 3.0

これはすべての文章の意味を理解できるところまでは完了していたのですが、復習用CDを用いて1ヶ月くらいかけてさらに強力に定着を行いました。

本来であればリスニングに効果がでて欲しいところですが、、リーディングの読解にももちろん役に立ちました。

超オススメ教材です。

 

ビジネスEメール速習パック ライティングエイド / アルク

会社の補助で気長に取り組んでいる教材です。

こちらはボリュームとしてはそんなに多くないのですが、TOEICのリーディングの強化にめちゃめちゃ使える教材だったなと思います。

本来はTOEIC向けの教材ではなくビジネスE-mailにおける定型表現やマナーを踏まえたライティングを学ぶことができます。

いい値段がするのでTOEIC対策としてのコスパとしては?という感じですが、実際にビジネスの実務向けのテキストなので即使える英語を学びたい方や私のように会社の補助で受講できる方には良いかもしれません。

 

メガドリル TOEIC® TEST リーディング Part 5&6

こちらはひたすらにpart5とpart6を解くことができる問題集です。

私は文法の点数はある程度安定しているので、効率を考えると文法学習を一からというより問題を解きまくって、速さと正確さを身につけるという目的でした。

こちらはまだ終わっていませんので来週末のテストまでに完了したいなと思います。

 

TOEIC公式問題集

こちらも紹介済みの問題集ですが、やはり突き詰めれば一番効率良いのはこの問題集を徹底的にやりこむことなのかな、と今回2回分をやってみて感じました。

リスニングは復習として通勤中に繰り返し聴く、リーディングは復習として数回音読した程度ですが、似たような表現やテーマが必ず出題されます。

こちらは引き続き回数を重ねて継続していきたいと思います。

 

 

まとめ

そもそも今回の位置付けはパート1 & 2 と パート5 & 6 をしっかり取ることを目標にしていたので、内容についてはアビメを確認したいと思います。

取り組みの反省点としてはやると決めたことをやりきれなかったということがあります。

しかしそれでも点数は上がり、少しづつでもやっていれば結果はでるのだなとモチベーションをあげることができました。

 

やりきれなかった部分については来週末の会社TOEICにてリベンジするように継続推進中なので、今回のアビメの結果と会社TOEICの結果とまた良い報告ができるようにしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

www.amazon.co.jp

 

ec.alc.co.jp

 

www.amazon.co.jp

 

Bluetoothイヤフォン / ヘッドフォンを買ったらリスニングの勉強時間が倍増した話

f:id:tomoooo3:20160803021332j:plain

 

英語の勉強を続ける上で『常に英語を浴び続ける』というのは言うまでもなく非常に大切な事だと思います。

 

語学留学などはやはり1日に8時間〜12時間ほど英語を浴び続けるわけであり、理論的には日本にいても同じ環境が創り出せれば非常に効果が高い学習ができるのではと思います。

 

ただ、なかなか英語を聴く時間を確保できないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

留学と同じまではさすがにいきませんが、少しでもリスニングの時間を増やしたい方にはBluetoothヘッドフォン / イヤフォンを1日も早く導入するべきだと身を持って体感しているのでご紹介したいと思います。

 

  • 有線のイヤフォンがとリスニングが続かない理由
  • オススメはネックバンド型 Bluetoothヘッドフォン / イヤフォンの利点
  • まとめ

 

 

有線のイヤフォンだとリスニングが続かない理由

 

Bluetoothじゃなくても普通の有線のイヤフォンで常に聴いていればいいんじゃないの? という方もいると思います。

 

ただ以下の理由で有線の場合 聴くことができない時があると思います。

 

リスニングを妨げる理由

 

聴きたい時にイヤフォンが見つからない(バッグからだすのが面倒くさい)

1日の時間は限られています。例えば通勤中に聴く場合、片道1時間 / 1日 で 2時間は確実にリスニングを行う時間があるということになります。

しかし、イヤフォンをバッグの中にしまっていて満員電車ですぐにだせない場合やそもそももってくるのをその日忘れてしまった場合、英語を聴けたはずの1〜2時間程度はすぐになくなってしまいます。

 

装着が面倒くさい

バッグから取り出す事ができても結ばれているコードを解き、スマホを取り出しジャックに差し込む。 たったこれだけの行為ですが個人的にはけっこう煩わしいです。

10分〜15分程度のちょっとした隙間時間を全てわざわざこの動作を行ってまでストイックにリスニングができる方は本当に尊敬します。。

 

荷物があるとコードがひっかかって煩わしい

例えば両手いっぱいに荷物を抱えている時、有線のイヤフォンをするでしょうか? スマホとイヤフォンを有線でつないでいると、耳からポケットだったり、バッグだったり、までの動線にコードがあります。そうすると荷物を持ち上げたり、背負ったリュックを下ろして座る時、上着を脱ぐ時などコードがひっかかった経験は誰しもあると思います。

 

こういった煩わしさが、使えるはずの細かい時間をかなり奪っています。

Bluetoothのワイヤレスタイプにするとこれらの問題が解決できます!

 

 

オススメはネックバンド型

 

f:id:tomoooo3:20160803025254p:plain

画像出典:http://japanese.engadget.com/2016/02/22/h-ear-bluetooth-2-ldac/

 

私の場合はSONY『h.ear in Wireless』を使用しています。

価格は約2万円といいお値段がしますがその価値は十分あると思っています。

 

メリット

 

簡単に接続

横のスイッチを数秒長押しするとスイッチがONとなり、初回以降は自動でペアリングしてくれるため使いたいと思ってから5秒程度で使うことができます

横のスイッチで音量の調節、一時停止などももちろんできるためコンビニでレジの前だけ一時停止して終わったらすぐに再開、といった動作がスマホをだすことなく行うことができます。

 

持ち運びも容易

基本は使わない時も常に首にかけたまま行動することができるので、聴きたい時にもっていない・もってくるのを忘れた、ということはほぼ発生しません

首にしっかりかかっていて余分なコードがないため、バッグやポケットにしまうことなく使う時も使わない時もノンストレスで行動ができます。

 

音質も十分

Bluetoothイヤフォン/ ヘッドフォンはそれなりにしっかりしたものを買うのをオススメします。

ある程度の値段以上のものなら現在のBluetoothイヤフォンは有線の5000円程度のそれらには音質で余裕で勝てますので、通常の音楽なども十分楽しむことができます

 

バッテリーも十分

こちらもバッテリー駆動時間は私の使っている上記商品は7.5時間となっておりますので平日は充電いりません。週1回か2回程度充電すれば十分です。

また、充電が切れても有線のコードも付属でついているので有線でも聴くことができます。

 

改善点としてはそんなに思いつきませんが、

・耳に差し込む部分の形

・ランニングには向かない

くらいの感じでしょうか?

ランニングに使用するならもう少しホールド感の強いタイプの方がいいかもしれません。

 

 

まとめ

 

また、ヘッドフォンとイヤフォンタイプですと音質とバッテリー駆動時間でヘッドフォンタイプに分がありますが、夏場の使用も考えるとお金もかかりますのでイヤフォンタイプがおすすめです。

 

なかなか通勤中にリスニングができていなかった私がワイヤレスイヤフォン導入により、ほぼ毎日の通勤2時間分は英語を聴くことができています。

 

少しでも英語を聴く時間を確保したい方は導入を検討してみてください!

ポケモンの日本語名と英語名の違いとは?

f:id:tomoooo3:20160727003600p:plain

画像引用:http://www.pokemongo.jp/

 

いま世界中で社会現象となっている『ポケモンGO』。

 

日本のリリースは先日されたばかりですが、アメリカなど海外のほうが先にリリースされていました。

 

そこでふと気になったのですが、ポケモンの【名前】って英語ではどうなっているのでしょうね?

 

 

 

 

ゼニガメは『Squirtle』!?

 

f:id:tomoooo3:20160727004336p:plain

画像引用:http://www.cnn.co.jp/tech/35086288.html

 

あの最初に選べる3匹の内の1匹、かわいらしいゼニガメは『squirtle』だそうですね。

 

たしかにゼニガメでは英語圏の人にとって意味がわからないですよね笑

 

由来としてはゼニガメ: Squirtle = squire(騎士の従者)+ turtle(ウミガメ)

 

だそうです。

なかなかセンスのあるネーミングですよね。笑

 

このような感じで由来を考察し、まとめてくださっている記事があるのでリンクで紹介いたします。

 

もはや感動!ポケモンの英語名の由来【厳選58匹】 | じん工ぼう

 

日本名と英語名が同じポケモンは?

 

逆に日本語と英語名が同じポケモンって何がいるのでしょうね。

 

どのくらいいるのかわかりますか?

実は計25体います。。

 

それがこちら↓

 

ピジョット Pidgeot

ピカチュウ Pikachu

ライチュウ Raichu

ニドラン Nidoran

ニドリーナ Nidorina

ニドクイン Nidoqueen

二ドリーノ Nidorino

ニドキング Nidoking

ズバット Zubat

ゴルバット Golbat

パラス Paras

パラセクト Parasect

ペルシアン Persian

ゴルダック Golduck

マンキー Mankey

ポニータ Ponyta

ドードリオ Dodrio

キングラー Kingler

シードラ Seadra

スターミー Starmie

ポリゴン Porygon

カブト Kabuto

カブトパス Kabutops

ミュウツー Mewtwo

ミュウ Mew

 

英語で意味が通じるものもありますが、

完全に通じないものもありますよね。

ピカチュウなんてきっと相当な議論があったに違いがありません。。

 

かなり惜しいものもありますが、完全に一緒だと言えるのは上記でした。

 

ポケモン名称について

 

ここまできたら全ポケモンの英語名気になりますよね?

 

さすがのwikipediaにはまとめられていますので、

こちらも合わせてご参照ください!

 

ポケモンの外国語名一覧 - ポケモンWiki

 

 

あなたの好きなポケモンは何という名称でしたか?

 

ちなみに私が英語名で好きだなー思ったのは

ルージュラのJynx なんかイケてますなー

 

 

さて、英語でのポケモンの名称が海外でのヒットに一役買ったのはきっと間違いありません。

また、他の言語では誰がどのように名称を決めたんですかね?

なんにせよ、国境を越えるコンテンツというのは日本が誇る文化ですね。

 

通勤の勝ちパターンのリスニングをポケモンGOに侵食されつつあるのは置いておいて、これからますます盛り上がってくるポケモンから目が離せません。

新形式対応 第212回TOEIC公開テストを受けてみて 〜28歳からのTOEIC900点への道⑨〜

英語

f:id:tomoooo3:20160724222726j:plain

 

さて、本日は第212回  TOEIC公開テストでした。

 

この日を一つの目標として取り組んできたので、所感をまとめておこうと思います。

 

  • TOEIC新形式をはじめて受けてみた
  • 感想・これからについて

 

TOEIC新形式をはじめて受けてみた

今回実はTOEICが新形式になってから、受験するのははじめてでした。

 

そもそも新形式とは? という方は

以下のリンクの記事をご参考にご覧ください。

 

toyokeizai.net

 

私として感じた大きな変更点は以下の箇所でした。

 

リスニング

・part3~4でのチャートを参照しながらの会話問題

 

これに関してはちょっと対策不足でした。

基本的にpart3〜4は問題文を先読みしてある程度状況を予測してから、

聞くのに集中するのが定石です。

しかし、チャートがあることにより気が散り? 音声そのものに集中ができなくなってしまいました。

これは慣れ次第ではチャートがある分事前に確認できる情報量が多い、ということなのでむしろ得点源にできるかもしれません。

ですが、今回はマイナスの要因になっているかもしれません。

 

リーディング

・part5問題数減少

 

これは40問→30問になりました。

問題が減っただけなのですが、

時間配分は後半の長文が増えた分練り直さなくてはいけません。

今日は15分くらいかかってしまいました。

30問ならば12分以内に確実にできるようにしたいですね。

 

・part6問題傾向変更

 

問題数の増加と文章の挿入問題が追加されています。

これは頭から全文読んで穴埋めをして、ポイントがきたら文章が入るか確認すれば良いだけなので、テクニックなどが不要なので結構好きですね。

 

個人的には大学受験でこうゆう文章の挿入問題が英語でも国語でもあったので懐かしいですねw

ただやはり変化に適応するため少し時間がかかってしまいました。

 

・part7トリプルパッセージ問題

 

part5の問題数が減少した分、全体の分量が増えています。

ここに到達した時点で残り50分 強程度だったので時間的には厳しいところです。

まあ読む時間を早めるのは色々他のことをやった後の最後の対策だと思っているので今回は目を瞑りましょう笑

 

頭からマイペースに解いていきました。

全体的な文章の難易度は平易だった気がします。

時間がないため、NOT問題を2問ほど捨てました。

また、トリプルパッセージ問題は読む分量が多いので時間がない中根拠を探すのに苦労しました。

 

結局最後のまとまりの5問〜7問程度はしっかり解き切ることができませんでした。

 

ただ、TOEIC模試の復習の効果か 瞬殺できる問題が増えたこと、以前よりも解答に根拠をもって答えること、 ができるようになった気がします。

 

感想・これからについて

今回は試験結果も気になりますが、事前に決めた課題についても全てをやりきることはできなかったのでまずはプロセスの面で反省があります。

 

しかし昨日も朝5時に息子をあやすために近所を散歩しながらDUOを音読するなど、限られた環境の中でできうる努力をする力は少しついてきたとも思います。

 

点数はわかりませんが、TOEICを解いている手応えとしては実力はあがったと感じました。

会社の課題でビジネスEメールのライティングを少しやっているのですが、それが意外にも今回役に立った気がします。w

リーディングってEメールや手紙や広告などが中心なので定型表現がたくさんでてくるのですよね。

それを読んだことがあるだけか、自分で書いて使ったことがあるかは全然違うと感じました。

 

やはりライティング・スピーキング・リーディング・リスニング、全部やるのが本当の実力をつける上で大事なのだなーと実感。

 

現在はそこまでなかなかできていなく、ある程度絞ったやり方をしていたのでまた作戦会議が必要ですね。。

 

実は会社のTOEICが8月末にあるので、そこに向けて今回できなかった課題をやりきってリベンジしたいと思います!

TOEICまで残り1週間でやることを整理 〜28歳からのTOEIC900点への道⑧〜

英語

 

毎日暑いですねー。

学生達は上期試験が終わり、夏休みの予定を立てている頃でしょうか?

 

私は仕事も繁忙期で体調も崩し、ようやく息子が家に帰ってきてお世話にと少し英語から遠ざかること約1週間という感じでした。。

 

なかなか時間の捻出が難しいですね汗

 

そうはいっても相変わらず勝ち技パターンの通勤リスニングはずっと継続できています。

さて、泣いても笑っても試験は来週ですのでやるべきことを整理しときたいと思います。

 

本日の内容

  • 今回の試験までのToDo確認
  • 本番残り5日間でやるべきこと

 

今回の試験までのToDo確認

今回の試験までにやると決めたことは以下のことでした↓

 

座学:TOEIC公式問題集 2回分を徹底復習(特にパート1&2)

座学:パート5 1000問ノック 正答率90%で時間内に解き切る訓練!

座学:会社のビジネスメール作成教材 → パート7対策(になるかな?)

通勤:DUO3.0 ボキャビル→すでに終了! 

通勤:金のフレーズ ボキャビル→TOEIC全編対策

 

 過去記事はこちら

mgn-lion.hatenablog.com

 

 

 

本番残り5日間でやるべきこと

 

目標に対して進捗は、、、

 

座学:TOEIC公式問題集 2回分を徹底復習(特にパート1&2)

 

進捗率:50%

 

1回分は終了。特にリスニングを通勤中に聴きまくったおかげで苦手のイギリス英語に少し慣れてきた気がします。

パート1&2対策を重点的にと思っていましたが、パート1&2の文量が少なすぎてすぐ復習が完了してしまうため、全体的に繰り返し聴くにシフトしました。

 

あと平日に1回分はせめてちゃんと問いて本番に臨みたいですね。

 

そして土曜日は時間が取れているので2回分を同じ問題をしっかりやろうかと思います。

 

 

座学:パート5 1000問ノック 正答率90%で時間内に解き切る訓練!

 

進捗率:20%

 

200問解きました。これはもう反省しかないですね。

なかなかコンスタントに時間が確保できず、、、

仕事も少し落ち着いてきましたが1000問はきついと思います。

残り5日で300問をこなし500問を目指します。

 

 

座学:会社のビジネスメール作成教材 → パート7対策(になるかな?)

 

進捗率:80%

これは若干のペースの遅れがありますが、ある程度しっかりやれています。

この勉強は息抜きみたいなものですね。

 

通勤:DUO3.0 ボキャビル→すでに終了! 

 

進捗率:100%

これも通勤中にいまだに聴きまくっているので、聴き取りの精度はあがってきている感じはあります。アメリカ英語ならばここで登場した言葉は聴き取れる気がします。

 

通勤:金のフレーズ ボキャビル→TOEIC全編対策

 

進捗率:0%

嘘を書いても仕方がないので、正直に書きます。

金のフレーズ、やれていないですねえ。。

 

 

とまあ、目標に対して全てをこなすことは容易ではないということがわかりました。

とはいえ、本番にはまだ時間がありますので目標に向けてやれることはしっかり残り時間やっていくこと、あとは本番に向けてリスニングとリーディングはTOEIC模試の問題の復習を中心に回していこうかと思います。

 

それでは、不甲斐ない進捗となっていますが本番までくじけずに頑張ります!

ozawa-kenを使って効率良くタッチタイピングをマスターする方法

PCスキル

f:id:tomoooo3:20160706014404j:plain

 

いまやスキルとしては当たり前になっていますが、PCに文字をタイピングする時にキーボードを見ずに素早く打てたら仕事も捗りますし、なによりかっこいいですよね。

 

タッチタイピング: Touch typing)とは、パソコンワープロキーボード入力を行う際に、キーボード面の文字刻印に頼ることなく、指先の感覚だけを頼りにしてキーを叩くタイピング技法。ブラインドタッチタッチメソッドとも呼ばれる。

出典: タッチタイピング - Wikipedia 

 

しかし、最初は誰でもできなかったはず。

また、職場では未だに習得できていない方もいますが、

やはり現在では必ず習得しておきたい技術ですよね。

 

私も社会人になった直後は全然できなかったのですが、今は一応キーボードは全く見ずにこういった文章を書けるくらいのレベルにはなっています。

 

そこで、私の拙い経験ではありますがタッチタイピングをマスターするための方法をまとめたいと思います。

 

というか、どうやったかというとずばり有名なタイピングのフリーソフトozawa-ken」を昼休みにやりまくったというのが上達方法なのですが、

上達していくにも段階があるのでそのプロセスについてご紹介しようかなと思います。

 

Ozawa-Ken』(オザワケン) は、比護賢之が開発したタイピングソフトである。ソフトの名前は、作者が東京工科大学在籍中に所属していた小澤研究室から名付けたものである。1999年7月にVectorフリーゲームとして公開され、公開から1か月で20000ダウンロードを達成した。2008年1月現在の最新バージョンは1.6。ゲームモードは格闘ゲーム、電気瓦割り修行、電気板割り修行の3種類がある。『日経パソコン』2010年8月9日号では、人気の高いタイピングソフトのひとつとして本作をあげている。

出典:Ozawa-Ken - Wikipedia

 wikiからもリンクがあるので、ぜひダウンロードしてみてください。

 

   目次

  • レベル1 まずは基本!ホームポジションを覚える
  • レベル2 キーボードを見ずにアルファベットを正しく打てる
  • レベル3 キーボードを見ずに日本語の50音を打てる
  • レベル4 キーボードを見ずによく使う記号が打てる
  • レベル5 キーボードを見ずにほとんどの記号・数字が打てる
  • レベル6 キーボードを見ずにあらゆる入力が高速でできる

 

 

レベル1 まずは基本!ホームポジションを覚える

スポーツを上達するためには、まずはフォームが大切ですよね。

タッチタイピングも一緒で私は自己流で身についていたため、

矯正するのに苦労しました。笑

 

Ozawa-ken」はホームポジションを覚えるにも最適のソフトです。

しかし、まずは理論を知る必要があるので適当なサイトからググって調べてください笑

 

matome.naver.jp

 

理解できましたでしょうか?

この理論に基づいて、あとは反射神経を養うトレーニングをしていきます。

 

レベル2 キーボードを見ずにアルファベットを正しく打てる

 

ここで「Ozawa-ken」のkawaraモードを使います。

 

↓ kawaraモード 画面

f:id:tomoooo3:20160706021732p:plain

 

でてくるアルファベットなどの文字をひたすら早く打ちまくって得点を競うというゲームです。

親切にも「どこの指で打つべきか」、また「キーボードのどこにそのコマンド」があるかが画面上にでてくるので初心者でも最初からキーボードを見ずに練習ができるようになっています。

 

こちらをひたすらにやりまくってください。

レベルも選択できるのですが、まずは70%以上のアルファベットを瓦4枚以上、

残りの苦手なものは瓦3枚程度で反応できるレベルまでいきたいものです。

特によく使うa i u e o の母音は瓦4枚以上を取りたいですね。

 

ここで重要なのはホームポジションのルールを必ず守ることです。

小指、薬指、最初は使いにくいですが、我慢です。

 

レベル3 キーボードを見ずに日本語の50音を打てる

kawaraでアルファベットはホームポジションで正しくある程度反応できるようになったら、次は日本語を打つ訓練です。

 

ここで「対戦型モード」を使用します。

 

↓ 対戦型モード

f:id:tomoooo3:20160706022902p:plain

 

文字を入力するごとに敵を攻撃して、ライフを減らしていき0にしたら勝ちです。

連続で正解を出すと、コンボで大ダメージを与えられます。

 

こちらもレベル毎になっていて、それぞれ使用するキーの範囲が異なるので

kawaraで基礎を学ぶ → 対戦型で文章を打つ練習をする

のパターンの繰り返しが必勝パターンです。

 

ここでももちろんホームポジションと運指は守りきり!です。

 

レベル4 キーボードを見ずによく使う記号が打てる

kawara & 対戦型でどんどん敵を倒し、そのステージが楽にクリアできるようになったらどんどんレベルをあげていってください。

 

そうすると、第1の壁がホームポジションで滑らかにアルファベットを打てることだとすると、第2の壁が訪れます。

記号です。

 

特によく使うのは日本語の句読点とハイフンですね。

、。・ー「」!?

↑このあたりの記号はkawaraで言うとやはり4枚以上あたりのスピードで確実に打てるようになりたいところです。

こいつらがタッチタイピングで入力できるかどうかが職場での初級者と中級者の分かれ道な気がします。

一瞬たりとも、横目でも見ずに、目をつぶっていても、これらの記号が打てないとだめです。

 

特に私は "ー" がなかなか慣れず、離れているため ^¥0 このあたりの記号とよく間違えて打ってしまうことがありました。

"ー" は右手の小指をまっすぐ上へシャッ!です。

 

!と?に関してはshiftキーを使うためこれも慣れが必要かもしれません。

ちなみに?の正しい打ち方は私もよくわかっていませんが、右手小指でshiftキー & 右手中指で?のキー、でやってます。これは自己流なのかな?

 

だいたいこれもソフト内のレベル別でよく使う記号が中心となる段階のステージがあるので、そこを楽にクリアできるようになるまでやり込んでください。

 

レベル5 キーボードを見ずにほとんどの記号・数字が打てる

レベル4までを確実にタッチタイピングできたら社会人の中でも一般の企業でしたら平均〜少しタイプ早い人に属するのではないでしょうか?

 

ここからは第3の壁です。

その他の記号 & 数字です。

 

これもやることは基本変わりません。

kawara & 対戦型の上位ステージで特訓です。

 

ただしここから新たなトレーニングを追加します。

「boardモード」です。

f:id:tomoooo3:20160706025129p:plain

 

こちらはkawaraが1つずつしか文字が出現しないのに対して最大3つMAXで出現します。

kawara → 1文字への正確性・瞬発力

board   → 複数の文字への対応力・記号や数字への瞬発力

対戦型  → 実際にアウトプット練習

といったそれぞれ得られる能力が違うので横断的にこなしていくといいと思います。

 

ここで主に抑えたい記号・数字は

記号:%&()<>@ ” +=

数字:1234567890

あたりですかね。

 

ちなみに私はこのレベル5の中間くらいの位置だと思います。

まだ上記記号の時にたまに手元を確認してしまうことがありますね。

このレベルで対戦型モードの最上位レベルで1270点あたり、「S+」が取れると思います。

 

レベル6 キーボードを見ずにあらゆる入力が高速でできる

このレベルには私はまだ至っていないので、わかりませんが基本はトレーニングの延長戦上なのかなとは思っています。

Ozawa-kenだと上には上が、S+10とかってスコアの人もいるようです。笑

 

ただ基本的な文字入力だけでなく、

エクセルなどでのショートカット、プラグラミングのコード、英語、

そういったものも高速でタッチタイピングで使えるというのもあるのかなと。

それはOzawa-kenではトレーニングできないので、実戦でやりながらトレーニングしていかないといけないですね。

 

まとめ

さて、いかがだったでしょうか。

今の時代、なかなかPCのタイピングとは離れなれない時代となっていますので

苦手な方は昼休みにリフレッシュがてら練習してみてはいかがでしょうか?